いまスポーツメーカーへの転職がアツい! その理由とは?

いまスポーツメーカーへの転職がアツい! その理由とは?

スポーツメーカーは最も人気の高い転職先のひとつだ。国内外を問わず、様々なメーカーのブランドが世界のスポーツずきに愛されているのは言わずもがなだろう。

野球やサッカーなどの競技スポーツの経験があれば一度は、就職や転職を考えたことがあるのではないだろうか?

東京オリンピックを控え、様々なスポーツの世界大会が連続して開催される今、スポーツメーカーへの転職が熱を帯びている。

本記事では、スポーツメーカーへの転職がなぜ注目されているのかに加え、スポーツメーカーへの転職を希望する方が知って置くべきことを簡単に解説する。

なぜスポーツメーカーに転職する人が増えているのか

今、スポーツ業界は大きな分岐点を迎えている。2019年ラグビーワールドカップ、世界陸上、バレーボールワールドカップ、東京オリンピックなど様々なスポーツの祭典が連続してみじかなところで開催されている。

そういった環境下から、日本国内では特に、スポーツを目にする機会が増えてきている。それと同時に、スポーツメーカーのブランドを目にする機会も増加している。

加えて、時代的な背景として、人材売り手市場の現代、「好きなこと」を仕事にするという選択肢が取りやすい環境になっている。

従来は、転職自体が文化として薄い日本だったが、エージェントも充実し、情報も開示されるようになり、転職しやすい環境が整っているのだ。

こういった背景から、スポーツを根幹から支えたいという想いを持った人や、アスリートと身近なところで働きたいという方が、転職希望を出しているのだ。

スポーツメーカーへの転職における成功のポイントとは?

スポーツメーカーへの転職を希望する際、非常に頻繁に「スポーツが好き」や、「このメーカーが好き」、「この競技が好き」といった短絡的な理由を拝見することが多い。

もちろん必要な姿勢ではあるが、それだけでは採用されることは万に一つないことは、ご理解いただけるだろう。

本段落では、転職活動の際に気をつけていただきたいポイントを簡単に説明する。

① イメージだけで企業を選ばない

全ての企業に言えることであるが、スポーツに関わるから楽しそうといったような、安易なイメージで企業ならびに業界を選定することは避けるが吉である。

なぜ今の会社を退職し、スポーツメーカーで働きたいのか、どうすれば納得して働けるのかを明確にした上で、企業を選択するようにしよう。

② 自分の「市場価値」を過信しない

自身の強みを理解することは非常に重要なことであるが、明確にスポーツメーカーのどの部分で生きるスキルなのかを明確に認識する必要がある。また、前職では評価されても次の職で評価されるかは全くの別である。

自身のスキルセットから正確な市場価値を客観的に見ることをお勧めする。

③一人で転職活動を決めない

実際に転職をする際は、必ず詳しい人に聞きながら考えることをお勧めする。

そもそも転職すべきなのか、どのような職場に転職するべきなのか、スキル的にどれほどの年収を狙えるのか、どこがアピールポイントなのか、また、スポーツメーカーで働くことがその中でもベストな選択肢なのかどうか、各要素を明確に理解に落とし込む必要がある。

あなたに合ったスポーツメーカーの求人を見つけよう!

転職は、人生を左右するライフイベントの一つだ。だからこそ、自分にあった企業を選び、自分の本意を実現する環境を選択する必要がある。

スポーツという領域を選択するにしたとしても、スポーツメーカーではなく、IT領域の方が活躍できるかもしれないし、フィットネスの方が好ましい可能性さえある。

とりわけ重要なのは、自身が自身のことをよく理解することである。

その上で、最適な活躍の場を見つけ出すことが、自身の人生をより豊かにするだろう。

>>スポーツ求人をみる(MERCIに移動します。)

転職成功ノウハウカテゴリの最新記事